整菌スキンケア活用法|皮膚常在菌(善玉菌)を育てるヒューマンフローラのスキンケア

TOP

整菌スキンケア活用法

肌トラブル別 整菌スキンケア活用法

トラブル肌ほど、整菌スキンケアをお勧めします。肌トラブルに対処療法的に取り組み、一時的にはその症状を抑えることができても、根本の部分で皮膚常在細菌の活動が阻害されていると、再度、肌トラブルを招きかねません。健やかな肌の為に、ぜひ整菌スキンケアをお試しください。

敏感・乾燥・アトピー・大人のニキビ・ツッパリ・脂ろう性湿疹・赤ブツ・
白ブツ・ヒリヒリ・小じわ・粉吹き。髭剃り負け・肌荒れ・炎症

トラブル肌ケア(エイジングケアもこの方法がおすすめです!)
  • クレフォームで2度洗い。

    泡パックは目から下に。
    すすぎは軽く、ヌルっと感が残ればOK!

    *力を入れない、こすらない、流しすぎない

    一度目はなで洗い。軽く流し、二度目はたっぷり泡パックで善玉菌を応援。
    気になる部分に泡を乗せてしばらく放置してから軽く流す。
    ※泡が目に入った時は軽く流してタオルでやさしくふきとってください
  • たっぷり
    ローション

    泡パックで何かを感じた部位やトラブル度が強い部位等はたっぷりコットンに含ませたローションを二度づけ。
    ローションパックもオススメ。
  • オイルで浸透

    ローションとミルクの間につけるのがポイント!
    ローションの後にオイルをやさしくなでつけます。分離タイプなのでよく振ってから1~2プッシュ。
  • ミルク~
    クリーム

    一度にたくさんの量を塗るのでなく、適量を繰り返しつけるのがポイント
    オイルが馴染んでからミルクでカバー。仕上げにクリーム。適量をやさしく塗布。トラブル部位には1~4のローテーションを繰り返します。
朝~目覚めてからお出かけ迄
  • 乾燥・敏感な
    お肌は洗顔前の一手間で保護

    目が覚めたら、ミルクを適量手に取り、顔、首に塗布し、10~15分くらいそのままおいてください。
  • お出かけ前の
    かんたん美白泡パック

    *力を入れない、こすらない、流しすぎない

    クレウォッシュを1プッシュで、軽くなで洗いし、再度2プッシュを顔に乗せ、ハミガキの間くらいそのままおいて軽く流します。
  • ローション・
    ミルクで保湿・
    保護

    たっぷりローションコットンで軽く押えづけ。お肌が潤ったらミルクを手にとり指はらで目の周り、小鼻の横、口周りは丁寧に。首もお忘れなく!
  • 美白UVケア

    メイク下地やお出かけ前のUVケアに薬用クリーム。乾燥や荒れが気になる時は携帯し、こまめにクリームをつけましょう。(メイクの上からでもOK)
    男性の髭剃りにもクレウォッシュがオススメ。髭そり後はローション・ミルクで。
一日メイクや乾燥・紫外線で疲れたお肌/夕方(帰宅後)~夜のお手入れ
  • 洗顔前の一手間で善玉菌応援ケア!

    (メイクの状態で)ローションをコットンにたっぷり含ませ、顔全体をやさしくふきとった後、ミルクを多めに顔全体に塗布し、30分くらい置きます。
  • 泡洗顔の二度
    洗い

    *力を入れない、こすらない、流しすぎない

    クレウォッシュで軽く2度洗いします。このとき、力を入れず、こすらないよう注意。ヌルっとした感が残るくらいでOK。
  • ローション→オイル→ミルクで保湿・保護

    たっぷりローションコットンで軽く押えづけした後、オイルを顔全体に塗布してからミルクを指はらでやさしく。首まわりもお忘れなく!
  • 寝る前に薬用
    美白クリーム

    特に気になる部分・唇の荒れケアにはクリームをつけましょう。
    ※お肌の調子が気になる時は、寝るまでに、「2」~「3」を数回繰り返しましょう。

身体・顔

乾燥・かゆみ・アトピー・かさかさ・ごわごわ・粉ふき・かい赤ブツ・
白ブツ・ヒリヒリ・小じわ・粉吹き・髭剃り負け・肌荒れ・炎症

全身ケア 基本の流れ
  • シャンプーは二度洗いします。
    一回目は毛髪をたっぷり濡らしシャンプーを少し手に取り毛髪全体をなで洗いし軽く流します。
  • 二回目も軽くもみ洗い・撫で洗いします。
    一回目より泡立ちが良いと思います。
  • 頭にできたたっぷりの泡を顔・身体にのせるようにやさしく全身撫で洗いします。
  • 全身に泡をのせたらそのまましばらく放置します。
  • 洗い流しはかけ湯程度に。肌にヌルッとした感触が残るくらいでOK!後でしっとり感に変わります。
  • 洗った後はローションをコットンでやさしく軽く押さえ付け。パッティングしない。
    頭皮や腕・脚など全身にはスプレーで。
  • ミルクはやさしく肌に乗せるように。ローションが乾かないうちに撫でるように伸ばし、一度にたくさんでなく回数を多く使用。
    ざらざらがひどい時はミルクにリジューヴオイルを混ぜて重ねづけ!
部分ケア
  • 汗がたまりやすい首回り・肩、二の腕のブツブツケアは、泡パックの後、ローション~オイル~ミルクのローションを繰り返します。
  • 脇が気になる方はお顔のお手入れで使ったローションコットンで、ついでに脇のお手入れを習慣づけてみてください。
    ミルクはつけすぎず、少量を薄くつけるのがポイント!
  • 下着やベルトが直接肌に触れる部分の肌荒れ、かゆみにも、シャンプーでこまめに洗い、そのつどローション~オイル~ミルクのローテーションを繰り返します。
  • 外出時など洗えない時はローションコットンを携帯してこまめにふいてうすくミルクをつけます。

ハンド・ボディ

  • ベトつく季節の
    足指ケア

    皮脂が強くなる季節、足の指と指の間のベトつき、かゆみが気になる場合は、ヒューマンフローラのプレミアムボディソープで気になる場所をやさしくなで洗いしてください。湿疹、水虫ケアにもご利用ください。
  • 花粉・黄砂の季節の
    洗浄・保護ケア

    花粉・黄砂の季節のケアの鉄則は外から戻ってきたときはすぐに、プレミアムボディソープで手を洗ってください。さらに気になる方は、服を着替えてシャワーでカラダ全体を洗浄することをおすすめします。
    その際はプレミアムシャンプーでの頭皮・頭髪の洗浄、プレミアムボディソープによるボディ全体の洗浄、そして洗浄後はエッセンス・ローションでお肌を整菌スキンケアしてください。
  • 紫外線の季節の
    ハンド・ボディケア

    肌の善玉菌の層は紫外線を吸収するクッションの役割もしているので、整菌スキンケアでお肌のUVケアを行うことができます。
    UVケアをする際は、エッセンス・ローションでお肌の善玉菌を活性化させた後でミルクで肌を守ってあげてください。
    また紫外線を受けた後には、エッセンス・ローションで手やボディをやさしく整菌スキンケアをしてください。

頭皮・毛髪

フケ・かゆみ・炎症・薄毛・抜け毛・頭皮臭・コシがない・つやがない・
パサパサ

  • 二度洗いが基本!
    一度目は汚れ・雑菌を落とし、二度目は頭皮の善玉菌に栄養を与えます。

    頭皮・毛髪をタップリ濡らし、シャンプーを、2~3プッシュ手に取り、毛髪全体になじませ、軽くもみ洗い・撫で洗いし、かけ湯程度に軽く流します。再度、同様になで洗いし、そのまましばらく置き、掛け湯程度に流します。
  • 頭皮にもよいトリートメントで頭皮マッサージ&毛髪ケア

    シャンプー後、トリートメントを適量手にとり、頭皮・毛髪全体になじませます。しばらくおいてから1~2回軽くかけ湯。痛みがひどい時は洗い流さなくてもOK!
    ※自然乾燥は、雑菌繁殖と乾燥を誘発します。
  • ローショントニックで
    頭皮に潤い
    頭皮のかゆみ・炎症にはミルクで保護

    タオルドライしたあと、ローションを頭皮に、軽くなじませます。頭皮の気になる部分はミルクを指腹でやさしく。パサついた髪の艶出し、枝毛、切毛部分には、乾いた髪に直接トリートメントで部分ケア。

赤ちゃん・幼児

カサカサほっぺ・耳切れ・おむつかぶれ・あせも・湿疹・とびひ

  • 全身あわあわマンになろう!

    シャンプーをたっぷり泡立てて、やさしく撫で洗い。
    ぬるま湯ですすぎ、柔らかいタオルでやさしく押さえ拭き。
  • 洗った後は必ず保湿!

    トラブル部位にミルクをやさしく塗布します。汚れたら、何度もこまめに洗ってミルクをつけてあげましょう。

紫外線

シミ・シワ・ソバカス・手の甲に紫班、ムラ焼け・腕、肩に日焼け跡

  • 泡パックで全身集中美白ケア

    日焼けした肌や気になる部分にお風呂で集中泡パック。のせる泡の量は、ふわふわ、モコモコと多く乗せ、3~5分そのままにします。(この時、時間を置きすぎても、問題はありません。泡が消えても大丈夫)後は、軽く、かけ湯程度に流し、柔らかいタオルで押え拭きします。
    ※お風呂でなくても、帰宅後や朝の洗顔時にも美白に定評泡パックをどうぞ。
  • ローション・オイル・ミルクで保湿・保護

    たっぷりローションでコットンパック。
    気になる部分は重ねづけした後、オイル~ミルクをやさしく乗せるように塗布。一度にたくさんでなく、回数づけがおすすめ。
  • 仕上げに薬用美白クリーム

    お休み前やお出かけ時、メイク下地など最後の仕上げは薬用美白クリームでお肌を整えましょう。
    ダメージが強い部位には部分的に泡パック+保湿・保護を繰り返して!

商品・お肌の悩みなどお気軽にご相談ください