お肌と菌に大切なこと|皮膚常在菌(善玉菌)を育てるヒューマンフローラのスキンケア

肌を健やかに守る善玉菌=皮膚常在菌とは

皮膚常在菌とは、皮膚の表面でいつも活動をしている菌のこと。
ヒトの皮膚は層状になっています。そのいちばん表面である表皮の「皮脂層」で、肌を健やかに守る活動をしているのが皮膚常在細菌と呼ばれる善玉菌です。皮膚常在細菌は、お腹の調子を整える活動をしている腸内細菌と同じように、年齢・性別に関係なく誰もが持っている菌であり、その活動によってヒトの皮膚は健やかに保たれています。

肌トラブルには症状への表面的な対応ではなく、
原因から考えることが大切

肌には自らを健やかに保つ自然治癒の能力があります。
『敏感肌』『乾燥肌』など、肌トラブルの原因の根本には、外部からの刺激に対して、この肌の自然治癒力が、何らかの原因で衰えていることにあります。
肌の表皮では、紫外線や湿度、気温の変化など、さまざまな外部からの刺激から身を守るための機能が働いています。その機能を正常に保っているのが肌の“善玉菌”です。善玉菌は、乾燥・色素沈着・抵抗力低下・炎症・老化・シワなど、肌のさまざまな障害を防ぐ働きをしています。

肌トラブルの表面的な症状だけを見て対応すると、新たなトラブルを招くこともあります。たとえば、肌を清潔に保つために、殺菌力の強い全身シャンプーを使うと、善玉菌の働きが弱くなり、『敏感肌』『乾燥肌』や肌荒れの原因となりかねません。
整菌ラボ® のスキンケアで、肌の善玉菌の活動をサポートすることによって、さまざまな外部の刺激に負けない健やかな肌を養いましょう。

お肌の善玉菌のはたらき

ヒトの皮膚は、防御壁、分泌、呼吸、感覚、体温調整などの機能によって、体内を保護しており、肌の表皮は紫外線や湿度、気温などいくつもの外的刺激から身を守るための機能が働いています。
そこでは、皮膚常在菌と呼ばれる善玉菌が機能していることが分かっています。
善玉菌は、「敏感肌」「乾燥肌」や肌荒れの人に多い悪玉菌に対して、その成長を阻害する働きを持ち、肌をトラブルから守る働きをします。

健やかな肌と善玉菌の関係

肌のトラブルを抱えている方のスキンケアとして、一時的にトラブルに対応した対症療法的スキンケアではなく、根本から肌質を改善するためには皮膚常在菌の環境を整えることが大切です。
皮膚常在菌のなかには、

  • ●皮脂と呼ばれている油分の膜を作り肌に潤いを与える働きをする表皮ブドウ球菌
  • ●カユミや傷口の化膿の原因となる黄色ブドウ球菌
  • ●ニキビの原因菌としても知られているアクネ菌

などがいますが、この菌たちのバランスによって、肌が健やかに保たれたり、肌荒れや乾燥、ニキビ肌などをもたらしたりします。肌をトラブルから守り健やかに保つためには、日頃から整菌®を意識したスキンケアを実践しましょう。

乾燥が気になったら、うるおい補給とともに大切なのがお肌の善玉菌応援

肌の善玉菌には乾燥から肌を守る働きがあります。
皮膚の表面に皮脂や汗がきちんと分泌されている状態は、肌の善玉菌である表皮ブドウ球菌にとって活動しやすい環境でもあります。そのため肌の善玉菌から天然のクリームが作りだされ肌表面の潤いが維持されます。
しかしながら、皮脂や汗の分泌が少ない状態では、表皮ブドウ球菌の活動が抑えられ、乾燥肌になりやすく、肌の表面を守るバリアも作り出されにくくなります。一方、乾燥を好む黄色ブドウ球菌の活動が活発になり、微小な傷が黄色ブドウ球菌の繁殖をもたらし、カユミにつながります。ひどい場合には、化膿したり、熱が出ることもあります。

肌を健やかに保つためには、整菌ラボ® スキンケアシリーズのお手入れで、肌にうるおいを与えると共に、善玉菌の働きを活性化し、弱酸性に保つことをおすすめします。

ヒューマンフローラ® 整菌ラボ® スキンケアシリーズを
おすすめする理由

肌を取り巻く環境はめまぐるしく変化します。
春夏秋冬、季節ごとに気温や湿度が移り変わります。さらに、一日の中でも、早朝、午前、午後、夜では、気温差、湿度差は意外とあります。冷房のきいた電車、蒸し暑い戸外、歩きながら強力な紫外線を浴び、また冷房のきいたオフィスに。そんな過酷な環境の中、肌の表面では善玉菌がいつも肌が健やかな状態でいられるように働いています。
もしその活動が阻害されると、さまざまな肌トラブルへ発展していく原因となります。

整菌ラボ® スキンケアシリーズでお手入れを行うことで、肌の善玉菌の働きを活発に保ち、トラブルに強い健やかな肌を維持しましょう。