お悩み別おすすめセット|皮膚常在菌(善玉菌)を育てるヒューマンフローラのスキンケア

TOP

お悩み別おすすめセット

お悩み別おすすめセットRecommended set

各々のお悩み症状によって、解決方法は変わってきます。
それぞれの症状の原因を理解し、適切な対処をすることで健やかなスキンケアライフを目指しましょう。

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)は、鼻の周辺や顔のTゾーン、頭皮など皮脂の分泌が多い場所を中心に起こる皮膚炎で、炎症を起こして赤みやかゆみ、頭皮の場合はフケが多くなったり、大きめのフケがでたりなどの症状を引き起こします。放っておくと慢性化し、頭皮の場合は、毛髪が細くなったり、脱毛の原因となることもあります。
整菌スキンケアでは不要な皮脂は落としながら肌を清潔に保ち、さらに菌バランスを整えて肌環境を良くする"応援ケア"をおこなうことができます。

乾燥・敏感・かゆみ

肌のうるおい力と善玉菌の間にはとても密接な関係があります!
ハリとうるおいのあるみずみずしい肌になるには善玉菌が元気であり、人間が本来持つ「自然治癒力」をよみがえらせる必要があります。
整菌スキンケアは善玉菌を活性化させバランスを保つ成分を配合しているので、肌表層の善玉菌バランスを適正に保つことができ、肌を守り保護する天然のヴェールを作ることができるのです。この皮脂層やバリア層こそが、皮膚常在細菌がお肌を健やかに保つ活動をするための「生きている層」なのです。

炎症

「赤み」「かゆみ」「ヒリヒリ」「しみる」等何らかのトラブルを抱え、市販のボディーソープでは刺激が強くつらい思いをされている方も多いのでは。皮膚常在細菌の活動が落ちてしまうと、季節の移り変わりや室内外の温度差、紫外線、花粉、黄砂など様々な環境の変化に適応できず多くが乾燥肌になってしまいます。そんなお肌にこそ使っていただきたいのが整菌スキンケアシリーズです。特にトラブル箇所には回数使用を試してみてください。

ニキビ

ニキビの原因といわれるアクネス菌は、決して悪玉菌ではありません。ニキビケア商品はほとんどがアクネス菌退治の考え方で作られていますが、アクネス菌がないと免疫力のある弱酸性肌は作られません。
「本当のアクネケア」とは、アクネス菌をやっつけることでなく、本来の力が発揮できるよう、整菌スキンケアで菌バランスを整え、肌環境を良くする応援ケアを続けることです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の患者6~9割の人の肌からはスタフィロコッカス・アウレス菌(黄色ブドウ球菌)が多く検出されています。通常、肌の善玉菌バランスが整っているとアウレウス菌が皮膚に接触しても発育を阻止してトラブルを防ぎますが、善玉菌や皮膚のpHバランスが崩れると乾燥しやすくなります。
肌の善玉菌のバランスを保ち、悪玉菌の活動しにくい弱酸性のバリア層を肌に保つためには、整菌スキンケアをおすすめします。

フケ・抜け毛・ダメージヘア

フケ、かゆみは頭皮常在細菌からのヘルプサイン。例えばフケが出るというのは、頭皮が「乾燥状態」にあるということ ( 場合によっては、脂漏性湿疹の可能性もあります。) 乾燥により頭皮常在細菌が善玉菌ではなく悪玉菌優勢となっている所へ洗浄力の高いシャンプーや温度の高いシャワーなどを使用すると、ますます皮脂膜が弱くなり炎症を起こすことに。
ヒューマンフローラの整菌スキンケアは、善玉菌応援、善玉菌にエサを与え、元気にし、頭皮環境を善玉菌優勢にするという考えのもと構成されています。

手荒れ・乾燥ケア

手湿疹とは、水や石けん、洗剤の刺激などによって起こる手あれのことで、水仕事の多い主婦に多く見られます。洗浄剤などで良い菌まで落としてしまうと、お肌を雑菌から守るバリア層となる良い菌が減ってしまい乾燥・かゆみといったトラブルを起こしやすい抵抗力のない肌になってしまいます。
手湿疹は単にステロイドでかゆみを抑えるだけでは完治しにくく、保湿をおこないながら、皮膚常在細菌を元気にしていくことが必要と考えています。

おすすめセット

皮膚状態がわるいところほど「より回数多く」ご使用ください。
整菌ラボシリーズは使い方で変化のスピードが違います。

商品・お肌の悩みなどお気軽にご相談ください